特別サービスのリクエスト

特別な介助が必要なお客様

特別な介助を必要とするお客様のご搭乗は、予定フライトの48時間前までにセブ パシフィックでお手続きをしていただく必要があります。一部空港では、リフトの使用に対して少額の手数料を申し受けることがあります。また、ご利用の場合は、予定フライトの3日以上前までに航空会社にお知らせください。

詳細については、セブ パシフィック航空のFacebookページにてダイレクトメッセージ経由でカスタマーケアチームにお問い合わせいただくか、Twitterの@CebuPacificAirにプライベートメッセージをお送りいただくか、または当社コールセンターまでお問い合わせください。お問い合わせ番号:(+632) 70-20-888または(+6332) 230-8888

妊婦の方

すべてのフライトにおいて、妊娠34週目以降の妊婦の方は医師の署名と「旅行に適している」という旨が記載された医療証明書を提示する必要があります。米国発着フライトを除き、妊娠中の旅客は発行日から10日以内の当該医療証明書の有効期限内に旅行を終了する必要があります。

米国発着フライトについては、医療証明書の提出は出発便についてのみ必要です。また、その証明書はご予約の第一区間のフライトから10日以内の日付のものである必要があります。

次の書類3部すべてにご記入ください。 旅客取扱いフォーム、チェックイン時にご提示ください。

ひとり旅のお子様

7歳未満のお子様のご搭乗はお受けできません。

フィリピンの国内線については、7歳以上12歳未満のお子様は、 チェックイン時に旅客取扱いフォームの記入および提出がなされ、既定の 同伴者のいない未成年者の取扱手数料が支払われている場合にのみ旅行が認められます。

フィリピン国外のフライトでは同伴者のいない未成年者のご搭乗をお受けできません。


同伴者のいる未成年者

親または法的保護者ではない同伴者と旅行するフィリピン国籍の未成年者(18歳未満)には、追加の条件がございます。Department of Social Welfare and Development(社会福祉開発省)が発行する、未成年者の旅行に関する規則をご確認ください。

外国籍を有する未成年者は、居住する国の政府が発行する未成年者の旅行に関する規則をご確認ください。

幼児

生後8日未満の乳児のご搭乗はお受けできません。座席を占有しない生後8日以上2歳未満のお子様については、最低限の取扱手数料を申し受けるものとします。

医療上の事由をお持ちのお客様、および携帯用酸素濃縮機(POC)を携行されるお客様

医療上の事由をお持ちのお客様は、以下の書類が適切に記入、携行されている場合に限りご搭乗が認められます:

  • 旅客取扱いフォーム
  • 担当医師の署名と「旅行に適している」という旨が記載された医療証明書。

セブ パシフィックは、携帯用酸素濃縮器(POC)、およびネブライザーや人工呼吸器などバッテリー駆動で酸素を生成しない呼吸補助具を機内使用のために持ち込むことを許可します。

ただし、部分的または完全に充満した酸素タンク(シリンダー/ボトル)または液体酸素は、機内への持ち込みを許可しておりません。

POCが必要なお客様の医療証明書には、フライト中に呼吸補助具の使用が必要になる可能性がある旨が記載されている必要があります。

呼吸補助具を携帯して旅行されるお客様は、遅くともフライト出発時刻の2時間前までに、POCおよび他の呼吸補助具と必要書類をお持ちの上チェックインし、セブ パシフィックのチェックイン係員による検査をお受けいただく必要があります。

追加座席が必要なお客様

プラスサイズのお客様には、より快適なフライトをお楽しみいただくため、事前に2席をご予約いただくようおすすめいたします。

受刑者

  • A319、A320およびA330型機を使用した国内便では、1便につき最大2名まで、受刑者の搭乗が認められています。
  • ATR型機では最大1名の受刑者の搭乗が認められています。
  • 受刑者1名につき最低1名のフィリピン国家警察または国家調査局の警備員が同行しなければなりません。
  • 遅くともフライト出発時刻の24時間前までにセブ パシフィックに特別手配を申し込む必要があります。

高齢の方および障がいをお持ちの方(PWD)

60歳以上のフィリピン国籍の方および障がいをお持ちの方は、フィリピン国内線の基本運賃が20%割引になり付加価値税が免除されます。

高齢の方および障がいをお持ちの方のご予約は、オンライン、コールセンター、またはセブ パシフィックのすべてのチケットオフィスにて承ります。

以下の場合、高齢者および障害者割引(PWD割引)は適用外となります:

  • 割引率が最安のGo運賃の20%を超えるプロモーション運賃
  • 手荷物許容量や機内食などの追加サービス
  • 国際線、または国際線への接続便(国内線から国際線、または国際線から国内線)

チェックイン時および搭乗時にシニア市民ID(OSCA ID)またはPWD IDのご提示が必要です。

詳細は National Council on Disability Affairs(NCDA)(障害に関する国民議会)をご覧ください。

ご注意:高齢のお客様には、通常のお客様と同様に対応いたしますが、リクエストをいただければ特別な介助をご提供いたします。

盲導犬

盲導犬は以下の場合に限り客室内への同伴が許可されます:

  • 飼い主が適切な政府当局からの必要な許可をすべて得る責任を負うこと。
  • 盲導犬が訓練を受けており、許容レベルに達していることを証明する書類を提出すること。
  • チェックイン時にその犬が介助動物であると証明するものを提示すること。
  • 盲導犬は座席を使用しないこと。
  • 8時間を超えるフライトについては、裏面ビニールの吸収パッドを飼い主が用意すること。あるいは、犬がフライト中に用を足す必要がないことを示した書類を用意すること。

オーストラリア発着便で盲導犬を伴って旅行する必要がある場合は、 http://www.agriculture.gov.au/cats-dogs/assistance-dogsにて詳細情報をご覧ください。